ムカデ駆除ならムカデ駆除navi

*

ムカデ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7755

フリーダイヤル0800-805-7755

生態について

【生態】

オオムカデ目、オオムカデ科、メナシムカデ科など。
体長は7㎜~13㎝程度で、褐色~黄淡色、黒色の体色です。

【生息場所】

草むらで、石、落ち葉。倒木等の下です。
土の中で地中深くで生息する種類もあります。

【被害】

1.毒牙に咬まれる被害 2.見た目の気持ち悪さ 特に、オオムカデの種類は毒性が非常に強い種類です。 激しい痛み、発赤、腫れを引き起こします。ひどくなれれば、潰瘍や発熱、リンパ節炎を引き起こすこともあります。

【活動時期】

特に、5月~7月に多く見られます。8月は気温が高すぎるので、少なくなり、9月~10月にかけてまた良く見られます。
夜行性です。昼間はしめった石や木、落ち葉などの下にかくれていて、夜になるとエサをもとめてうろうろします。

【エサ】

ムカデは肉食性で、頭部の毒牙を使って、小さい昆虫(ゴキブリ、こおろぎ、クモ等)を捕えて食べます。
エサとなる虫が増えすぎないように、食べて生態系のバランスを保っています。家の中のゴキブリも食べてくれるので、益虫の側面ももっています。
また、ムカデ自身は鳥などのエサとなって生態系を支えています。

【利用】

国によっては、ムカデをたべたり、漢方薬の材料につかったりもしています。
観賞魚(アロワナなど)のエサとしてムカデが売られていることもあります。

【一生】

トビズムカデは、産卵数が50個程度で、卵は約1ヶ月程で孵化します。幼虫は3年ほどで成虫になり、その間10回以上も脱皮をくりかえします。
幼虫は2ヶ月程度(脱皮2回)経つと自力でエサを捕ることが出来ます。
寿命は5~7年です。